主の戦い

ヨシャパテ

「聖書研究ガイド」なる本がありこれを用いて聖書の学びをする。過ぎた1週間は究極の事態にあってもなお賛美することの大切さ、を学んだ。多くの信仰者たちが極限状態で神様を賛美した。逃げ惑うダビデや獄中のパウロ。そしてヨシャパテ王も追い詰められても尚神様を讃美した人物の一人として紹介されていた。

ヨシャパテ王は北イスラエルと南ユダ王国に分断されてから4代目のユダ王国の王である。

ヨシャパテ(ヨシャファト)はアサ王の子として生まれ35歳で王位についた。前述の通りイスラエルは3代目の王ソロモンが王位を退くと南北に分断された。ユダの王位に就いたヨシャパテは北イスラエルとの交流復興、和解を目指し自身の子ヨラムと北イスラエルのアハブ王の娘とを結婚させた。しかし、これは神様のご計画ではなかった。そのため同盟国となった北イスラエルからラモテ・ギルアデを奪還する戦いに参戦するよう要請されるとそれに応じた。しかしこれが負け戦となりヨシャパテは敗走する。アハブと手を組んだことがそもそもの間違いだったことを預言者エヒウを通して神様から叱責を受ける。が、基本的には神様に従う気持ちを持っていたのでその後ヨシャパテは王位を退く60歳まで25年間、神様に従いユダ王国を導いた。

ヨシャパテの祈り

ヨシャパテの在位中にモアブ、アンモンらが攻めてくる事態が起こった。大軍だったことからヨシャパテは恐れをなして神様に祈った。国民には断食をしてもらい共に祈った。

この後モアブびと、アンモンびとおよびメウニびとらがヨシャパテと戦おうと攻めてきた。 2その時ある人がきて、ヨシャパテに告げて言った、「海のかなたのエドムから大軍があなたに攻めて来ます。見よ、彼らはハザゾン・タマル(すなわちエンゲデ)にいます」。 3そこでヨシャパテは恐れ、主に顔を向けて助けを求め、ユダ全国に断食をふれさせた。 4それでユダはこぞって集まり、主の助けを求めた。すなわちユダのすべての町から人々が来て主を求めた。
5そこでヨシャパテは主の宮の新しい庭の前で、ユダとエルサレムの会衆の中に立って、 6言った、「われわれの先祖の神、主よ、あなたは天にいます神ではありませんか。異邦人のすべての国を治められるではありませんか。あなたの手には力があり、勢いがあって、あなたに逆らいうる者はありません。 7われわれの神よ、あなたはこの国の民をあなたの民イスラエルの前から追い払って、あなたの友アブラハムの子孫に、これを永遠に与えられたではありませんか。 8彼らはここに住み、あなたの名のためにここに聖所を建てて言いました、 9『つるぎ、審判、疫病、ききんなどの災がわれわれに臨む時、われわれはこの宮の前に立って、あなたの前におり、その悩みの中であなたに呼ばわります。すると、あなたは聞いて助けられます。あなたの名はこの宮にあるからです』と。 10今アンモン、モアブ、およびセイル山の人々をごらんなさい。昔イスラエルがエジプトの国から出てきた時、あなたはイスラエルに彼らを侵すことをゆるされなかったので、イスラエルは彼らを離れて、滅ぼしませんでした。 11彼らがわれわれに報いるところをごらんください。彼らは来て、あなたがわれわれに賜わったあなたの領地からわれわれを追い払おうとしています。 12われわれの神よ、あなたは彼らをさばかれないのですか。われわれはこのように攻めて来る大軍に当る力がなく、またいかになすべきかを知りません。ただ、あなたを仰ぎ望むのみです」。
歴代志下20:1-12

主の戦い

アサフの子孫で名をヤハジエルという人が神様の霊に満たされてヨシャパテに言った。

15ヤハジエルは言った、「ユダの人々、エルサレムの住民、およびヨシャパテ王よ、聞きなさい。主はあなたがたにこう仰せられる、『この大軍のために恐れてはならない。おののいてはならない。これはあなたがたの戦いではなく、主の戦いだからである。
歴代志下20:15

主の戦い、という表現は聖書の色々な場所に出てくる。ヨシュアにもダビデにもそのような表現で「神様が戦ってくださるから黙していなさい」と言われた。そしてヨシャパテにも同様の言葉が与えられた。

そして主の戦いであるから全てを任せ、「果報は寝て待て」というように何もしなかったわけではない。ヨシャパテは戦ってくださる神様を讃美すべく聖歌隊を編成したのである。讃美したのだ。

随分前に「マーリン・キャロザース」の著書を好んで読んでいた時期があった。多くの著書を著しているが一貫して「讃美することの大切さ」を教えてくれる書物である。最初に読んだ「讃美の力」には特に感銘を受けた。讃美が状況ではなく意思によるものであることを学んだ。もう一度自分の信仰を見つめ直したい。

2022年8月27日 「ヨシャファト王の讚美と勝利」 安息日礼拝LIVE配信

 

宜しければこちらのクリックもお願いいたします
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村


キリスト教ランキング


プロテスタントランキング


その他ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA