恩恵期間

恩恵期間とは

辞書で「恩恵期間」を調べていると

国際法で、開戦の際に自国港にある敵商船、および開戦を知らずに入港した敵商船に対して、抑留せずに出港のために与える期間。

と説明されていた。ある一定期間、何らかの執行を猶予する措置のことを言うのだと思う。この言葉はキリスト教の世界では結構一般的に使われる。神様に反抗するイスラエルが悔い改めるようにと策を講じて、災いを起こすまでの期間を恩恵期間ということが多い。転じて、現在のように世の終わりが近づきイエス様が間近に再臨される時代、神様に立ち返る猶予期間のことを特に「恩恵期間」という。聖書の神様は全世界の人全員が神様を受け入れ神様の側につくことを願っている。そのためにイエスキリストを犠牲として渡されたのであるが、残念ながらサタンは人間の心を支配する天才である。このサタンに騙され、洗脳され、真の神様の側につくことを拒絶するグループが現れる。このグループに対しても最後の最後まで神様は忍耐強く神様の側につくよう説得をするのだがこの恩恵期間が終了してしまうとその後はいくら心を入れ替えて神様の側につきたいと思ってももう手遅れなのである。聖書は決して滅びの道に迷い込んで欲しくないため人々に次のように語る。

神はこう言われる、
「わたしは、恵みの時にあなたの願いを聞きいれ、
救の日にあなたを助けた」。
見よ、今は恵みの時、見よ、今は救の日である。

For he saith,
I have heard thee in a time accepted,
and in the day of salvation have I succoured thee:
behold, now is the accepted time;
behold, now is the day of salvation.

コリント第2  6:2

恩恵期間を前に考えること

最近、寮で生活する長男と良く電話で話す。将来のことが主な内容である。将来の仕事や進学先について自分の考えていることをなんでも話してくれる。勿論現実的ではない話もたくさんあるが、自分にもそういう時代があったので否定だけは絶対にしないようよく聴くようにしている。進学する高校についても希望があるようだ。今いる中学校は一貫校なのでそのまま高校に進学することもできるが、本人は別の道を考えている。将来を見据えて、また見聞を広めるためにもこの環境から一度出ることが肝要であると判断している様子だ。現実的なことや非現実的なことを混ぜて話すので大人と子どもが共存している様子が伝わってくる。本人なりに悩み必死に考えていることを高く評価していることを毎回伝えるようにしている。そして決して結論を急がず、今は悩むことが素晴らしいことなのでもう少し悩みなさい、とアドバイスするようにしている。しかし、悩んで良い期間にもやがて終わりがくる。所謂恩恵期間の終了がくるのである。高校受験の前までは出願をどこにするかを悩むことはできるが出願締め切りが恩恵期間の終了となる。進学の場合は恩恵期間がいつまでなのかが最初からわかっているからタイミングを取りやすい。

恩恵期間の終わり

さて、この恩恵期間がキリスト教的なそれ、即ちイエスキリストの再臨前までにどちらを選ぶか選択の期間だったらどうであろうか。イエスキリストの再臨がいつなのかは誰にも分からない。ヨハネの黙示録には世の終わりの様子について預言が示されているが、世の終わりに起こる出来事やその順番が示されているだけでそれがいつなのかは書かれていない。それよりもさらに深刻なのは、この世での命が終わる時が恩恵期間の終わりになるということだ。イエスキリストの再臨前であっても、自分の命が終わった後まで恩恵期間が続くわけではない。即ち恩恵期間の終了は人によって違うのだ。この厳粛な事実をどのように捉えるだろうか。更に、真の神様側につく人は安息日をも守る、というのだ。

恩恵期間と安息日

安息日は土曜日、正確には金曜日の日没から土曜日の日没までをいう。神様との関係がしっかりしている人の中にも多くの人が真の安息日ではなく、日曜日を礼拝日として守っている人が多い。この人たちには真の安息日を示しそれを守るよう特別な啓示が与えられるという。この辺りはかなり難しい話になってくるが、今日ある教会の礼拝メッセージを視聴していてこの点を明快に説明している動画を見つけた。是非こちらを観ていただき自分の今後や恩恵期間について是非考えていただきたいと思う。世の終わりは思っている以上に早くくると思う。

説明動画のメッセージはこちら(メッセージは18:35から)

よろしければこちらをクリックしてください

↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA