ダニエル書3章

聖書本文

「ネブカデネザル王は一つの金の像を造った。その高さは六十キュビト、その幅は六キュビトで、彼はこれをバビロン州のドラの平野に立てた。 そしてネブカデネザル王は、総督、長官、知事、参議、庫官、法官、高僧および諸州の官吏たちを召し集め、ネブカデネザル王の立てたこの像の落成式に臨ませようとした。 そこで、総督、長官、知事、参議、庫官、法官、高僧および諸州の官吏たちは、ネブカデネザル王の立てた像の落成式に臨み、そのネブカデネザルの立てた像の前に立った。 時に伝令者は大声に呼ばわって言った、「諸民、諸族、諸国語の者よ、あなたがたにこう命じられる。 角笛、横笛、琴、三角琴、立琴、風笛などの、もろもろの楽器の音を聞く時は、ひれ伏してネブカデネザル王の立てた金の像を拝まなければならない。 だれでもひれ伏して拝まない者は、ただちに火の燃える炉の中に投げ込まれる」と。 そこで民らはみな、角笛、横笛、琴、三角琴、立琴、風笛などの、もろもろの楽器の音を聞くや、諸民、諸族、諸国語の者たちはみな、ひれ伏して、ネブカデネザル王の立てた金の像を拝んだ。 その時、あるカルデヤびとらが進みきて、ユダヤ人をあしざまに訴えた。 すなわち彼らはネブカデネザル王に言った、「王よ、とこしえに生きながらえられますように。 王よ、あなたは命令を出して仰せられました。すべて、角笛、横笛、琴、三角琴、立琴、風笛などの、もろもろの楽器の音を聞く者は皆、ひれ伏して金の像を拝まなければならない。 また、だれでもひれ伏して拝まない者はみな、火の燃える炉の中に投げ込まれると。 ここにあなたが任命して、バビロン州の事務をつかさどらせられているユダヤ人シャデラク、メシャクおよびアベデネゴがおります。王よ、この人々はあなたを尊ばず、あなたの神々にも仕えず、あなたの立てられた金の像をも拝もうとしません」。 そこでネブカデネザルは怒りかつ憤って、シャデラク、メシャクおよびアベデネゴを連れてこいと命じたので、この人々を王の前に連れてきた。 ネブカデネザルは彼らに言った、「シャデラク、メシャク、アベデネゴよ、あなたがたがわが神々に仕えず、またわたしの立てた金の像を拝まないとは、ほんとうなのか。 あなたがたがもし、角笛、横笛、琴、三角琴、立琴、風笛などの、もろもろの楽器の音を聞くときにひれ伏して、わたしが立てた像を、ただちに拝むならば、それでよろしい。しかし、拝むことをしないならば、ただちに火の燃える炉の中に投げ込まれる。いったい、どの神が、わたしの手からあなたがたを救うことができようか」。 シャデラク、メシャクおよびアベデネゴは王に答えて言った、「ネブカデネザルよ、この事について、お答えする必要はありません。 もしそんなことになれば、わたしたちの仕えている神は、その火の燃える炉から、わたしたちを救い出すことができます。また王よ、あなたの手から、わたしたちを救い出されます。 たといそうでなくても、王よ、ご承知ください。わたしたちはあなたの神々に仕えず、またあなたの立てた金の像を拝みません」。 そこでネブカデネザルは怒りに満ち、シャデラク、メシャクおよびアベデネゴにむかって、顔色を変え、炉を平常よりも七倍熱くせよと命じた。 またその軍勢の中の力の強い人々を呼んで、シャデラク、メシャクおよびアベデネゴを縛って、彼らを火の燃える炉の中に投げ込めと命じた。 そこでこの人々は、外套、下着、帽子、その他の衣服のまま縛られて、火の燃える炉の中に投げ込まれた。 王の命令はきびしく、かつ炉は、はなはだしく熱していたので、シャデラク、メシャクおよびアベデネゴを引きつれていった人々は、その火炎に焼き殺された。 シャデラク、メシャク、アベデネゴの三人は縛られたままで、火の燃える炉の中に落ち込んだ。 その時、ネブカデネザル王は驚いて急ぎ立ちあがり、大臣たちに言った、「われわれはあの三人を縛って、火の中に投げ入れたではないか」。彼らは王に答えて言った、「王よ、そのとおりです」。 王は答えて言った、「しかし、わたしの見るのに四人の者がなわめなしに、火の中を歩いているが、なんの害をも受けていない。その第四の者の様子は神の子のようだ」。 そこでネブカデネザルは、その火の燃える炉の入口に近寄って、「いと高き神のしもべシャデラク、メシャク、アベデネゴよ、出てきなさい」と言ったので、シャデラク、メシャク、アベデネゴはその火の中から出てきた。 総督、長官、知事および王の大臣たちも集まってきて、この人々を見たが、火は彼らの身にはなんの力もなく、その頭の毛は焼けず、その外套はそこなわれず、火のにおいもこれに付かなかった。 ネブカデネザルは言った、「シャデラク、メシャク、アベデネゴの神はほむべきかな。神はその使者をつかわして、自分に寄り頼むしもべらを救った。また彼らは自分の神以外の神に仕え、拝むよりも、むしろ王の命令を無視し、自分の身をも捨てようとしたのだ。 それでわたしはいま命令を下す。諸民、諸族、諸国語の者のうちだれでも、シャデラク、メシャク、アベデネゴの神をののしる者があるならば、その身は切り裂かれ、その家は滅ぼされなければならない。このように救を施すことのできる神は、ほかにないからだ」。 こうして、王はシャデラク、メシャクおよびアベデネゴの位を進めて、バビロン州におらせた。」

ダニエル書 3:1-30 口語訳

「King Nebuchadnezzar made an image of gold, whose height was sixty cubits and its breadth six cubits. He set it up on the plain of Dura, in the province of Babylon. Then King Nebuchadnezzar sent to gather the satraps, the prefects, and the governors, the counselors, the treasurers, the justices, the magistrates, and all the officials of the provinces to come to the dedication of the image that King Nebuchadnezzar had set up. Then the satraps, the prefects, and the governors, the counselors, the treasurers, the justices, the magistrates, and all the officials of the provinces gathered for the dedication of the image that King Nebuchadnezzar had set up. And they stood before the image that Nebuchadnezzar had set up. And the herald proclaimed aloud, “You are commanded, O peoples, nations, and languages, that when you hear the sound of the horn, pipe, lyre, trigon, harp, bagpipe, and every kind of music, you are to fall down and worship the golden image that King Nebuchadnezzar has set up. And whoever does not fall down and worship shall immediately be cast into a burning fiery furnace.” Therefore, as soon as all the peoples heard the sound of the horn, pipe, lyre, trigon, harp, bagpipe, and every kind of music, all the peoples, nations, and languages fell down and worshiped the golden image that King Nebuchadnezzar had set up. Therefore at that time certain Chaldeans came forward and maliciously accused the Jews. They declared to King Nebuchadnezzar, “O king, live forever! You, O king, have made a decree, that every man who hears the sound of the horn, pipe, lyre, trigon, harp, bagpipe, and every kind of music, shall fall down and worship the golden image. And whoever does not fall down and worship shall be cast into a burning fiery furnace. There are certain Jews whom you have appointed over the affairs of the province of Babylon: Shadrach, Meshach, and Abednego. These men, O king, pay no attention to you; they do not serve your gods or worship the golden image that you have set up.” Then Nebuchadnezzar in furious rage commanded that Shadrach, Meshach, and Abednego be brought. So they brought these men before the king. Nebuchadnezzar answered and said to them, “Is it true, O Shadrach, Meshach, and Abednego, that you do not serve my gods or worship the golden image that I have set up? Now if you are ready when you hear the sound of the horn, pipe, lyre, trigon, harp, bagpipe, and every kind of music, to fall down and worship the image that I have made, well and good. But if you do not worship, you shall immediately be cast into a burning fiery furnace. And who is the god who will deliver you out of my hands?” Shadrach, Meshach, and Abednego answered and said to the king, “O Nebuchadnezzar, we have no need to answer you in this matter. If this be so, our God whom we serve is able to deliver us from the burning fiery furnace, and he will deliver us out of your hand, O king. But if not, be it known to you, O king, that we will not serve your gods or worship the golden image that you have set up.” Then Nebuchadnezzar was filled with fury, and the expression of his face was changed against Shadrach, Meshach, and Abednego. He ordered the furnace heated seven times more than it was usually heated. And he ordered some of the mighty men of his army to bind Shadrach, Meshach, and Abednego, and to cast them into the burning fiery furnace. Then these men were bound in their cloaks, their tunics, their hats, and their other garments, and they were thrown into the burning fiery furnace. Because the king’s order was urgent and the furnace overheated, the flame of the fire killed those men who took up Shadrach, Meshach, and Abednego. And these three men, Shadrach, Meshach, and Abednego, fell bound into the burning fiery furnace. Then King Nebuchadnezzar was astonished and rose up in haste. He declared to his counselors, “Did we not cast three men bound into the fire?” They answered and said to the king, “True, O king.” He answered and said, “But I see four men unbound, walking in the midst of the fire, and they are not hurt; and the appearance of the fourth is like a son of the gods.” Then Nebuchadnezzar came near to the door of the burning fiery furnace; he declared, “Shadrach, Meshach, and Abednego, servants of the Most High God, come out, and come here!” Then Shadrach, Meshach, and Abednego came out from the fire. And the satraps, the prefects, the governors, and the king’s counselors gathered together and saw that the fire had not had any power over the bodies of those men. The hair of their heads was not singed, their cloaks were not harmed, and no smell of fire had come upon them. Nebuchadnezzar answered and said, “Blessed be the God of Shadrach, Meshach, and Abednego, who has sent his angel and delivered his servants, who trusted in him, and set aside the king’s command, and yielded up their bodies rather than serve and worship any god except their own God. Therefore I make a decree: Any people, nation, or language that speaks anything against the God of Shadrach, Meshach, and Abednego shall be torn limb from limb, and their houses laid in ruins, for there is no other god who is able to rescue in this way.” Then the king promoted Shadrach, Meshach, and Abednego in the province of Babylon.」

Daniel 3:1-30 ESV

ネブカデネザルの巨像

ネブカデネザルはダニエルが夢を解き明かしたことで、彼の背後にいる神こそ真の神であることを悟りそれにひれ伏した。
しかしやがてネブカデネザル王は巨大な金の像を作り、全ての人にこれを拝むことを強要した。この巨像はユーフラテス川流域のドラの平野にあり高さ27m(60キュビト)、幅2.7m(6キュビト)にも 巨像だった。そしてその落成式は楽団を招いて盛大に行われた。
この落成式にダニエル以外の3人の青年が参列していた。
王はこの巨像を拝まない者は罰として燃える火の炉に投げ入れ死刑にすることを決めた。
楽団の荘厳な奏楽の中、参列者は全員ひれ伏してこの像を拝んだ。ただ3人の青年以外は。

3人の青年は平伏す事も腰を曲げる事もなかった。この光景を見ていた者たちが王に告げ口をした。王はこの3人の青年に対して好意的だったので、もう一度チャンスを与え拝む様促した。しかし彼らは真の神以外を拝することは決してしないことを王にいうのである。

シャデラク、メシャクおよびアベデネゴは王に答えて言った、「ネブカデネザルよ、この事について、お答えする必要はありません。 もしそんなことになれば、わたしたちの仕えている神は、その火の燃える炉から、わたしたちを救い出すことができます。また王よ、あなたの手から、わたしたちを救い出されます。 たといそうでなくても、王よ、ご承知ください。わたしたちはあなたの神々に仕えず、またあなたの立てた金の像を拝みません」。

これは王に対する反旗ではなく真の神に対する信仰告白であった。
この言葉に対して王は激怒し普段よりも7倍熱くした燃える火の炉に3人を投げ入れることを命じた。

燃える火の炉

3人の青年を投げ入れた兵士が焼け死んでしまうほど熱くなった炉。そこに投げ込まれた3人の青年。燃える火の炉を凝視していたネブカデネザル王は驚くべき光景を目の当たりにする。

炉の中に投げ込まれた3人の青年の紐がほどけて自由の身となり、神の子の様な方と共に歩いている姿を見たのである。神の子の様な第4の者は、肉体を持ってこの世にこられる前のイエスキリストであった。イエスキリストは、ご自分に仕えるために死ぬことをも恐れなかった忠実で尊い若者を救うために燃える火の炉の中にこられたのである。

髪の毛1本すら燃えることなく炉から出てきた3人の青年を見た王は、即座に彼らを守られた方こそ真の神であることを認め神を褒め称えた。そして、この真の神を拝み礼拝を捧げることを強要することになった。

真の礼拝

ネブカデネザル王は金の像を拝むことを強要し、3人の青年が燃える火の炉から生きて出てくると真の神を礼拝することを強要した。
しかし、神様は自分自身の意思で神様を選択し、自分の意思で神様に礼拝を捧げることを望んでおられる。誰かに強要されるのではなく、選択の自由を与えられたのだ。

自分の過去を振り返るとき、神様を選択しなかった場面がたくさんあることに気づかされる。神様を選択しなかった時、どれほどの失望を与えてしまったことか。しかし、何度も神様を選択せず自分勝手にまた自分の感情が向くままに生きてきた自分に対して神様は決して諦めずにいてくださった。あれが神様からのアクションだった、と思えることが今なら分かる。

キリスト教の神様は、自由意志を与え自分で選択する権利を与えられた。そして神様を選ぶもにには永遠の命を、サタンを選ぶものには永遠の滅びを与えられる。それは確かなことであるが、この部分だけだといかにも神様が冷酷な方に思えてしまう。が、そうではない。自分の人生を振り返った時に決してそうではないと断言できる。神様は何度も「私を選びなさい。私を信じなさい」と訴え続けてくださった。何度無視されても、諦めずに声をかけ続けてくださった。神様を選択していないにも関わらず、今の自分ではなく将来の自分を見て諦めずに救いの道を開いてくださった。キリスト教の神様はそういう方なのである。

この投稿を読んでくださる方がいるのなら、是非心静かに神様の御声を聴いてそれに従い、神様を選んでほしい。それが神様の御心であり神様がもっとも喜んでくださることだから。

A True Friend
宜しければこちらのクリックをお願いいたします
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA