ダニエル書5章

聖書本文

「ベルシャザル王は、その大臣一千人のために、盛んな酒宴を設け、その一千人の前で酒を飲んでいた。 酒が進んだとき、ベルシャザルは、その父ネブカデネザルがエルサレムの神殿から取ってきた金銀の器を持ってこいと命じた。王とその大臣たち、および王の妻とそばめらが、これをもって酒を飲むためであった。 そこで人々はそのエルサレムの神の宮すなわち神殿から取ってきた金銀の器を持ってきたので、王とその大臣たち、および王の妻とそばめらは、これをもって飲んだ。 すなわち彼らは酒を飲んで、金、銀、青銅、鉄、木、石などの神々をほめたたえた。 すると突然人の手の指があらわれて、燭台と相対する王の宮殿の塗り壁に物を書いた。王はその物を書いた手の先を見た。 そのために王の顔色は変り、その心は思い悩んで乱れ、その腰のつがいはゆるみ、ひざは震えて互に打ちあった。 王は大声に呼ばわって、法術士、カルデヤびと、占い師らを召してこさせた。王はバビロンの知者たちに告げて言った、「この文字を読み、その解き明かしをわたしに示す者には紫の衣を着せ、首に金の鎖をかけさせて、国の第三のつかさとしよう」と。 王の知者たちは皆はいってきた。しかしその文字を読むことができず、またその解き明かしを王に示すことができなかったので、 ベルシャザル王は大いに思い悩んで、その顔色は変り、王の大臣たちも当惑した。 時に王妃は王と大臣たちの言葉を聞いて、その宴会場にはいってきた。そして王妃は言った、「王よ、どうか、とこしえに生きながらえられますように。あなたは心に思い悩んではなりません。また顔色を変えるには及びません。 あなたの国には、聖なる神の霊のやどっているひとりの人がおります。あなたの父の代に、彼は、明知、分別および神のような知恵のあることをあらわしました。あなたの父ネブカデネザル王は、彼を立てて、博士、法術士、カルデヤびと、占い師らの長とされました。 彼は、王がベルテシャザルという名を与えたダニエルという者ですが、このダニエルには、すぐれた霊、知識、分別があって、夢を解き、なぞを解き、難問を解くことができます。ゆえにダニエルを召しなさい。彼はその解き明かしを示すでしょう」。 そこでダニエルは王の前に召された。王はダニエルに言った、「あなたは、わが父の王が、ユダからひきつれてきたユダの捕囚のひとりなのか。 聞くところによると、あなたのうちには、聖なる神の霊がやどっていて、明知、分別および非凡な知恵があるそうだ。 わたしは、知者、法術士らを、わが前に召しよせて、この文字を読ませ、その解き明かしを示させようとしたが、彼らは、この事の解き明かしを示すことができなかった。 しかしまた聞くところによると、あなたは解き明かしをなし、かつ難問を解くことができるそうだ。それで、あなたがもし、この文字を読み、その解き明かしをわたしに示すことができたなら、あなたに紫の衣を着せ、金の鎖を首にかけさせて、この国の第三のつかさとしよう」。 ダニエルは王の前に答えて言った、「あなたの賜物は、あなたご自身にとっておき、あなたの贈り物は、他人にお与えください。それでも、わたしは王のためにその文字を読み、その解き明かしをお知らせいたしましょう。 王よ、いと高き神はあなたの父ネブカデネザルに国と権勢と、光栄と尊厳とを賜いました。 彼に権勢を賜わったことによって、諸民、諸族、諸国語の者はみな、彼の前におののき恐れました。彼は自分の欲する者を殺し、自分の欲する者を生かし、自分の欲する者を上げ、自分の欲する者を下しました。 しかし彼は心に高ぶり、かたくなになり、ごうまんにふるまったので、王位からしりぞけられ、その光栄を奪われ、 追われて世の人と離れ、その思いは獣のようになり、そのすまいは野ろばと共にあり、牛のように草を食い、その身は天からくだる露にぬれ、こうしてついに彼は、いと高き神が人間の国を治めて、自分の意のままに人を立てられるということを、知るようになりました。 ベルシャザルよ、あなたは彼の子であって、この事をことごとく知っていながら、なお心を低くせず、 かえって天の主にむかって、みずから高ぶり、その宮の器物をあなたの前に持ってこさせ、あなたとあなたの大臣たちと、あなたの妻とそばめたちは、それをもって酒を飲み、そしてあなたは見ることも、聞くことも、物を知ることもできない金、銀、青銅、鉄、木、石の神々をほめたたえたが、あなたの命をその手ににぎり、あなたのすべての道をつかさどられる神をあがめようとはしなかった。 それゆえ、彼の前からこの手が出てきて、この文字が書きしるされたのです。 そのしるされた文字はこうです。メネ、メネ、テケル、ウパルシン。 その事の解き明かしはこうです、メネは神があなたの治世を数えて、これをその終りに至らせたことをいうのです。 テケルは、あなたがはかりで量られて、その量の足りないことがあらわれたことをいうのです。 ペレスは、あなたの国が分かたれて、メデアとペルシャの人々に与えられることをいうのです」。 そこでベルシャザルは命じて、ダニエルに紫の衣を着せ、金の鎖をその首にかけさせ、彼について布告を発して、彼は国の第三のつかさであると言わせた。 カルデヤびとの王ベルシャザルは、その夜のうちに殺され、 メデアびとダリヨスが、その国を受けた。この時ダリヨスは、おおよそ六十二歳であった。」

ダニエル書 5:1-31 口語訳

「King Belshazzar made a great feast for a thousand of his lords and drank wine in front of the thousand. Belshazzar, when he tasted the wine, commanded that the vessels of gold and of silver that Nebuchadnezzar his father had taken out of the temple in Jerusalem be brought, that the king and his lords, his wives, and his concubines might drink from them. Then they brought in the golden vessels that had been taken out of the temple, the house of God in Jerusalem, and the king and his lords, his wives, and his concubines drank from them. They drank wine and praised the gods of gold and silver, bronze, iron, wood, and stone. Immediately the fingers of a human hand appeared and wrote on the plaster of the wall of the king’s palace, opposite the lampstand. And the king saw the hand as it wrote. Then the king’s color changed, and his thoughts alarmed him; his limbs gave way, and his knees knocked together. The king called loudly to bring in the enchanters, the Chaldeans, and the astrologers. The king declared to the wise men of Babylon, “Whoever reads this writing, and shows me its interpretation, shall be clothed with purple and have a chain of gold around his neck and shall be the third ruler in the kingdom.” Then all the king’s wise men came in, but they could not read the writing or make known to the king the interpretation. Then King Belshazzar was greatly alarmed, and his color changed, and his lords were perplexed. The queen, because of the words of the king and his lords, came into the banqueting hall, and the queen declared, “O king, live forever! Let not your thoughts alarm you or your color change. There is a man in your kingdom in whom is the spirit of the holy gods. In the days of your father, light and understanding and wisdom like the wisdom of the gods were found in him, and King Nebuchadnezzar, your father—your father the king— made him chief of the magicians, enchanters, Chaldeans, and astrologers, because an excellent spirit, knowledge, and understanding to interpret dreams, explain riddles, and solve problems were found in this Daniel, whom the king named Belteshazzar. Now let Daniel be called, and he will show the interpretation.” Then Daniel was brought in before the king. The king answered and said to Daniel, “You are that Daniel, one of the exiles of Judah, whom the king my father brought from Judah. I have heard of you that the spirit of the gods is in you, and that light and understanding and excellent wisdom are found in you. Now the wise men, the enchanters, have been brought in before me to read this writing and make known to me its interpretation, but they could not show the interpretation of the matter. But I have heard that you can give interpretations and solve problems. Now if you can read the writing and make known to me its interpretation, you shall be clothed with purple and have a chain of gold around your neck and shall be the third ruler in the kingdom.” Then Daniel answered and said before the king, “Let your gifts be for yourself, and give your rewards to another. Nevertheless, I will read the writing to the king and make known to him the interpretation. O king, the Most High God gave Nebuchadnezzar your father kingship and greatness and glory and majesty. And because of the greatness that he gave him, all peoples, nations, and languages trembled and feared before him. Whom he would, he killed, and whom he would, he kept alive; whom he would, he raised up, and whom he would, he humbled. But when his heart was lifted up and his spirit was hardened so that he dealt proudly, he was brought down from his kingly throne, and his glory was taken from him. He was driven from among the children of mankind, and his mind was made like that of a beast, and his dwelling was with the wild donkeys. He was fed grass like an ox, and his body was wet with the dew of heaven, until he knew that the Most High God rules the kingdom of mankind and sets over it whom he will. And you his son, Belshazzar, have not humbled your heart, though you knew all this, but you have lifted up yourself against the Lord of heaven. And the vessels of his house have been brought in before you, and you and your lords, your wives, and your concubines have drunk wine from them. And you have praised the gods of silver and gold, of bronze, iron, wood, and stone, which do not see or hear or know, but the God in whose hand is your breath, and whose are all your ways, you have not honored. “Then from his presence the hand was sent, and this writing was inscribed. And this is the writing that was inscribed: M ENE, M ENE, T EKEL, and P ARSIN. This is the interpretation of the matter: M ENE, God has numbered the days of your kingdom and brought it to an end; T EKEL, you have been weighed in the balances and found wanting; P ERES, your kingdom is divided and given to the Medes and Persians.” Then Belshazzar gave the command, and Daniel was clothed with purple, a chain of gold was put around his neck, and a proclamation was made about him, that he should be the third ruler in the kingdom. That very night Belshazzar the Chaldean king was killed. And Darius the Mede received the kingdom, being about sixty-two years old.」

Daniel 5:1-31 ESV

聖書の間違い?

バビロンの最後の王として聖書はベルシャザルを紹介している。しかし一般の歴史書ではバビロンの最後の王をナボニドゥスと記録している。どちらが正しいのか?もしも歴史書が正しいとするならば聖書が真実でないことを記録した書になってしまう。この件に関して1924年、大英博物館に保管されている古代粘土板「ナボニドゥスの年代記」をシドニー・スミスが調べたことにより真実が明らかにされた。バビロンの最後の王であるナボニドゥスが即位3年目に北部のアラビアのテマへ遠征に行くことになった。その時、長男であるベルシャザルに王位を委譲して彼を摂政王に任命しバビロンを治める様にさせた。こうしてバビロンがメディアとペルシャの連合軍によって陥落した時にバビロンを治めていたのはベルシャザルであることが考古学の記録から確認されたのである。聖書は誤りなき正確な書物である。

最期の酒宴

B.C.539年10月13日、これがバビロン最期の夜となった。ベルシャザルはその夜酒宴を開いていた。この時バビロンはペルシャとメディアの連合国によって包囲されていた。酒の勢いで兵士の士気を高めようとしたのか、或いは恐怖のあまり一時的な鎮静剤のつもりで酒を飲んでいたのかは分からない。自分の国がなお健在であることを顕示するための酒宴であったのかもしれない。

ベルシャザルはエルサレム神殿から奪ってきた金銀の器で酒を飲むという忌まわしいことを行った。神に仕える奉仕のために特別に作られた聖なる器をその様な酒宴に用いたのである。この時の酒宴はネブカデネザル王が建てた空中庭園に繋がる南宮の中央ホールだと思われる。長さ52m、幅17m、高さ18mの広々としたホールがあり、文字が書かれた壁は玉座の奥に位置する石膏で作られた高めの壁だと思われる。

奇妙な指

酒宴の途中で奇妙な指が現れ意味のわからない文字を記した。この意味が分からず解き明かしをする者を探した。すると王妃(王の母?)がダニエルを思い出しダニエルに解き明かしをしてもらうことを勧める。この時、ダニエル85歳。王はダニエルの噂は聞いていたがこの時が初対面であった。ダニエルは王に対して、その祖父ネブカデネザルの経験を話し王が犯してきた罪に気づかせようとしたが無駄だった。

そしてこの文字の解き明かしをするのであった。

文字の解き明かし

メネ、メネ、テケル、ウパルシン これが書かれた文字であった。
メネは「勘定される、数えられる」という意味
テケルは「秤ではかられる」という意味
ウは「そして」という接続詞
パルシンは「ペレス」の複数形で「断片」の意味を持つが複数形の場合は「ペルシャの人々」という意味。

難攻不落のバビロン

難攻不落の巨大都市バビロンが何故一夜にして滅んだのか。バビロンの街の中心にはユーフラテス川が流れていた。二重構造の城壁からの攻撃が難しいことを悟った連合軍はこの川に着目した。この川に迂回路を作り水を街の外に迂回させ水位を下げそこから侵入する作戦を考えたのである。しかもこの夜は酒宴が開かれており兵士たちも泥酔状態だったので戦える状態ではなかった。その弱点を狙って一気に攻め込んできた連合軍に簡単に敗れてしまったのである。

私たちの生活にもバビロンの様な状態が訪れるかもしれない。人生で何もかもがうまく行き、地位も名誉も財産も築き今後どの様なことがあっても自分の生活が左前になることは決してないと思ってしまう様な状態。しかし、人生には何が起こるか分からない。最も安心できる方に自分の全てを預けておかないと、いまあるものが一瞬にして無くなってしまうかもしれないのだ。
自分の人生がまさにそうだ。仕事も立場も家族も与えられ、ある程度自分の意思でなんでもできると思っていた時期がある。有頂天になっていたのかもしれない。しかし、今は如何であろう。仕事を失い家族を失い今後どうやって生きていけばよいのかを神様に尋ねる日々を送っている。まさにバビロンは倒れるのである。3人の天使がメッセージを述べているがその中の第2天使が言う、「倒れた、大いなるバビロンは倒れた」と。
自分の様にならないためにも是非今のうちに将来に対する備えをしていただきたい。神様を信じ、神様に全てを委ね、神様に対して常に誠実に生きる姿勢、これこそが将来に備える生き方だと思う。バビロンは必ず倒れる。

Champion of Love  -The King’s Heralds-

宜しければこちらのクリックをお願いいたします
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA