ダニエル書6章

聖書本文

「ダリヨスは全国を治めるために、その国に百二十人の総督を立てることをよしとし、 また彼らの上に三人の総監を立てた。ダニエルはそのひとりであった。これは総督たちをして、この三人の前に、その職務に関する報告をさせて、王に損失の及ぶことのないようにするためであった。 ダニエルは彼のうちにあるすぐれた霊のゆえに、他のすべての総監および総督たちにまさっていたので、王は彼を立てて全国を治めさせようとした。 そこで総監および総督らは、国事についてダニエルを訴えるべき口実を得ようとしたが、訴えるべきなんの口実も、なんのとがをも見いだすことができなかった。それは彼が忠信な人であって、その身になんのあやまちも、とがも見いだされなかったからである。 そこでその人々は言った、「われわれはダニエルの神の律法に関して、彼を訴える口実を得るのでなければ、ついに彼を訴えることはできまい」と。 こうして総監と総督らは、王のもとに集まってきて、王に言った、「ダリヨス王よ、どうかとこしえに生きながらえられますように。 国の総監、長官および総督、参議および知事らは、相はかって、王が一つのおきてを立て、一つの禁令を定められるよう求めることになりました。王よ、それはこうです。すなわち今から三十日の間は、ただあなたにのみ願い事をさせ、もしあなたをおいて、神または人にこれをなす者があれば、すべてその者を、ししの穴に投げ入れるというのです。 それで王よ、その禁令を定め、その文書に署名して、メデアとペルシャの変ることのない法律のごとく、これを変えることのできないようにしてください」。 そこでダリヨス王は、その禁令の文書に署名した。 ダニエルは、その文書の署名されたことを知って家に帰り、二階のへやの、エルサレムに向かって窓の開かれた所で、以前からおこなっていたように、一日に三度ずつ、ひざをかがめて神の前に祈り、かつ感謝した。 そこでその人々は集まってきて、ダニエルがその神の前に祈り、かつ求めていることを見たので、 彼らは王の前にきて、王の禁令について奏上して言った、「王よ、あなたは禁令に署名して、今から三十日の間は、ただあなたにのみ願い事をさせ、もしあなたをおいて、神または人に、これをなす者があれば、すべてその者を、ししの穴に投げ入れると、定められたではありませんか」。王は答えて言った、「その事は確かであって、メデアとペルシャの法律のごとく、変えることのできないものだ」。 彼らは王の前に答えて言った、「王よ、ユダから引いてきた捕囚のひとりである、かのダニエルは、あなたをも、あなたの署名された禁令をも顧みず、一日に三度ずつ、祈をささげています」。 王はこの言葉を聞いて大いに憂え、ダニエルを救おうと心を用い、日の入るまで、彼を救い出すことに努めた。 時にその人々は、また王のもとに集まってきて、王に言った、「王よ、メデアとペルシャの法律によれば、王の立てた禁令、または、おきては変えることのできないものであることを、ご承知ください」。 そこで王は命令を下したので、ダニエルは引き出されて、ししの穴に投げ入れられた。王はダニエルに言った、「どうか、あなたの常に仕える神が、あなたを救われるように」。 そして一つの石を持ってきて、穴の口をふさいだので、王は自分の印と、大臣らの印をもって、これに封印した。これはダニエルの処置を変えることのないようにするためであった。 こうして王はその宮殿に帰ったが、その夜は食をとらず、また、そばめたちを召し寄せず、全く眠ることもしなかった。 こうして王は朝まだき起きて、ししの穴へ急いで行ったが、 ダニエルのいる穴に近づいたとき、悲しげな声をあげて呼ばわり、ダニエルに言った、「生ける神のしもべダニエルよ、あなたが常に仕えている神はあなたを救って、ししの害を免れさせることができたか」。 ダニエルは王に言った、「王よ、どうか、とこしえに生きながらえられますように。 わたしの神はその使をおくって、ししの口を閉ざされたので、ししはわたしを害しませんでした。これはわたしに罪のないことが、神の前に認められたからです。王よ、わたしはあなたの前にも、何も悪い事をしなかったのです」。 そこで王は大いに喜び、ダニエルを穴の中から出せと命じたので、ダニエルは穴の中から出されたが、その身になんの害をも受けていなかった。これは彼が自分の神を頼みとしていたからである。 王はまた命令を下して、ダニエルをあしざまに訴えた人々を引いてこさせ、彼らをその妻子と共に、ししの穴に投げ入れさせた。彼らが穴の底に達しないうちに、ししは彼らにとびかかって、その骨までもかみ砕いた。 そこでダリヨス王は全世界に住む諸民、諸族、諸国語の者に詔を書きおくって言った、「どうか、あなたがたに平安が増すように。 わたしは命令を出す。わが国のすべての州の人は、皆ダニエルの神を、おののき恐れなければならない。 彼は生ける神であって、 とこしえに変ることなく、 その国は滅びず、 その主権は終りまで続く。 彼は救を施し、助けをなし、 天においても、地においても、 しるしと奇跡とをおこない、 ダニエルを救って、 ししの力をのがれさせたかたである」。 こうして、このダニエルはダリヨスの世と、ペルシャ人クロスの世において栄えた。」
ダニエル書 6:1-28 口語訳

「It pleased Darius to set over the kingdom 120 satraps, to be throughout the whole kingdom; and over them three high officials, of whom Daniel was one, to whom these satraps should give account, so that the king might suffer no loss. Then this Daniel became distinguished above all the other high officials and satraps, because an excellent spirit was in him. And the king planned to set him over the whole kingdom. Then the high officials and the satraps sought to find a ground for complaint against Daniel with regard to the kingdom, but they could find no ground for complaint or any fault, because he was faithful, and no error or fault was found in him. Then these men said, “We shall not find any ground for complaint against this Daniel unless we find it in connection with the law of his God.” Then these high officials and satraps came by agreement to the king and said to him, “O King Darius, live forever! All the high officials of the kingdom, the prefects and the satraps, the counselors and the governors are agreed that the king should establish an ordinance and enforce an injunction, that whoever makes petition to any god or man for thirty days, except to you, O king, shall be cast into the den of lions. Now, O king, establish the injunction and sign the document, so that it cannot be changed, according to the law of the Medes and the Persians, which cannot be revoked.” Therefore King Darius signed the document and injunction. When Daniel knew that the document had been signed, he went to his house where he had windows in his upper chamber open toward Jerusalem. He got down on his knees three times a day and prayed and gave thanks before his God, as he had done previously. Then these men came by agreement and found Daniel making petition and plea before his God. Then they came near and said before the king, concerning the injunction, “O king! Did you not sign an injunction, that anyone who makes petition to any god or man within thirty days except to you, O king, shall be cast into the den of lions?” The king answered and said, “The thing stands fast, according to the law of the Medes and Persians, which cannot be revoked.” Then they answered and said before the king, “Daniel, who is one of the exiles from Judah, pays no attention to you, O king, or the injunction you have signed, but makes his petition three times a day.” Then the king, when he heard these words, was much distressed and set his mind to deliver Daniel. And he labored till the sun went down to rescue him. Then these men came by agreement to the king and said to the king, “Know, O king, that it is a law of the Medes and Persians that no injunction or ordinance that the king establishes can be changed.” Then the king commanded, and Daniel was brought and cast into the den of lions. The king declared to Daniel, “May your God, whom you serve continually, deliver you!” And a stone was brought and laid on the mouth of the den, and the king sealed it with his own signet and with the signet of his lords, that nothing might be changed concerning Daniel. Then the king went to his palace and spent the night fasting; no diversions were brought to him, and sleep fled from him. Then, at break of day, the king arose and went in haste to the den of lions. As he came near to the den where Daniel was, he cried out in a tone of anguish. The king declared to Daniel, “O Daniel, servant of the living God, has your God, whom you serve continually, been able to deliver you from the lions?” Then Daniel said to the king, “O king, live forever! My God sent his angel and shut the lions’ mouths, and they have not harmed me, because I was found blameless before him; and also before you, O king, I have done no harm.” Then the king was exceedingly glad, and commanded that Daniel be taken up out of the den. So Daniel was taken up out of the den, and no kind of harm was found on him, because he had trusted in his God. And the king commanded, and those men who had maliciously accused Daniel were brought and cast into the den of lions—they, their children, and their wives. And before they reached the bottom of the den, the lions overpowered them and broke all their bones in pieces. Then King Darius wrote to all the peoples, nations, and languages that dwell in all the earth: “Peace be multiplied to you. I make a decree, that in all my royal dominion people are to tremble and fear before the God of Daniel, for he is the living God, enduring forever; his kingdom shall never be destroyed, and his dominion shall be to the end. He delivers and rescues; he works signs and wonders in heaven and on earth, he who has saved Daniel from the power of the lions.” So this Daniel prospered during the reign of Darius and the reign of Cyrus the Persian.」

Daniel 6:1-28 ESV

歴史的背景

難攻不落のバビロンは539年10月13日に陥落しベルシャザル王も殺された。メディアとペルシャの連合国はしばらくの間メディア王ダリヨスによって統治された。

ダリヨス王は国を治めるために年齢を重ねたダニエルを登用し3人の第1総督に任命した。ダニエルには優れた霊が宿っていたので人格的に優れていただけでなく、正確な記憶力と素早い判断力で業務を遂行した。

妬み

ダニエルが高齢にも関わらず高い能力に恵まれ王から特別視されていたことを妬む総監や総督がいた。彼らはダニエルを妬み罠に陥れるためにあらゆる手段を用いた。しかし非の打ち所のないダニエルには何らの欠点も見つからなかった。そこでダニエルが日に3度神に対して祈りを捧げる習慣に目をつけここにつけ込むことを考えた。

王をそそのかし、国王であるダリヨス以外を30日の間拝んではならないと言う法律を作ったのである。王に対する忠誠心を高めたいと言う理由をつけて。しかし実際は王に対する忠誠心などどうでも良い事でダニエルを陥れるための法律を王に認めさせたのである。この提案によって自己崇拝の罠に陥った王は他の総監らの忠誠心に感動して直ちに禁令の文章に署名をした。当時のメディアとペルシャの法律は消すことができない事で有名だった。こうしてダニエルの命を狙う禁令が全国に発布されたのである。

ダニエルの対応

この勅令に対してダニエルは今までと態度を帰る事なく日に3度真の神を礼拝し続けた。ダニエルは自分を訴えようとするものの存在を知りながらも今までの習慣を変える事はしなかった。

告発

ダリヨス王は忠臣の様に思っていた者たちから、勅令に反するダニエルの報告を受けた瞬間、自分が騙されていたことに気づいた。あの提案が自分に対する忠誠心からではなくダニエルの命を奪う陰謀であることに気づいたのであるが時すでに遅し。王でさえ法律を変更することができないので不承不承、ダニエルを処刑することにした。即ち獅子の穴に彼を投げ入れる刑に処すのである。一方で王はダニエルと3人の青年たちの過去を知っていたので真の神様が助けてくださることも期待していた。そしていよいよダニエルは獅子の穴に投げ込まれた。ダニエルのことが気がかりで一睡もできなかった王は翌朝早く獅子の穴に出かけダニエルの状態を確認した。神様が獅子の口を閉ざしダニエルにはなんら危害を加えなかったことを報告すると王は大変喜んだ。そして、ダニエルを穴から救出し今度は王を陥れた者たちとその家族をもろとも獅子の穴に投げ込んだ。すぐさま彼らは獅子の餌食になって絶命した。

バビロン捕囚終了

その後、次の王となったクロスはダニエルの神に対する畏れと尊敬の念に心動かされB.C.537年に第1次ユダヤ人帰還命令を出した。B.C.605年から始まったバビロン捕囚は70年目に当たるB.C.537年に帰還するのである。「バビロンで70年の時が満ちるならば… このところに導き帰る」と言われたエレミヤの預言(エレミヤ書29:10)が成就した。

祈り

国は滅び、王たちは退けられる。しかし神と共に歩んだダニエルはそうではなかった。85歳を過ぎてもダニエルは神とイスラエル民族のために働いた。彼は祈りの生涯を生き抜いたのである。

祈りは魂の呼吸である。これは霊的能力の秘訣である。他のどんな恵みの手段も祈りに代える事はできないし、魂の健康を維持することもできない。祈りを止める事は呼吸を辞める事である。霊的生命の死を意味する。呼吸をしないで生きることができる人がいない様に、常に祈る事なしに霊的生命を維持できる人もいない。忙しければ忙しいほどより一層祈らなくてはならないのである。

祈りに関する動画を見つけた

現代の世相と照らし合わせながらわかりやすい解説をしている動画である。是非視聴して頂きたい。

祈りの動画はこちら

宜しければこちらのクリックをお願いいたします。

↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA