彼方の光

ウクライナ義勇兵

毎日ウクライナのことが気になって仕方ない。決して対岸の火事ではないからだ。本当に世界規模の戦争に発展する気がしているから怖くて仕方ない。昨日、ある有名(?)YouTuberがウクライナに行き国を守ることを投稿していた。ウクライナ出身でYouTubeの他にも各種SNSに動画を投稿している兄弟である。サワヤンチャンネルという名前で現在活動中とのこと。以前に偶然TikTokで見かけたがあまり好きなタイプのチャンネルではなかったので特に興味を持つこともなかった。が、ウクライナに戻って戦うと聞いて凄く心配になった。

義勇兵だからそれぞれの価値観で志願することだし、その決断に周囲が意見を言えることではないと承知している。が、「義勇兵」「国を守る」という言葉に踊らされて本質を見失っていないだろうか。現在のロシア、もっと言えばプーチンは明らかにやり過ぎているし完全に狂った独裁者と化している。それはその通りだが、そこに至るまでの道のりもあったのかも知れない。当事者にしか分からない事情もあろうが、外国人である自分にはウクライナのミンスク合意や停戦合意に対する態度がロシアの感情を逆なでしたとも聞いている。義勇兵を募ってロシアに対抗したところで、ロシア軍もまた真実を知らされないまま武器を持たされている人ばかりなのかも知れない。踊らされている人同士が「正義」「愛国心」などの言葉に乗せられて人を殺めるようになってはいけないと思っている。ロシアもウクライナも協力してプーチンの身柄を拘束する作戦を立てることはできないのだろうか。これ以上無駄な戦いで、無駄死にする人がいなくなるよう心から祈るものである。

Far away

昨日、部屋の掃除や買い物、また役場の手続きなどを済ませ温泉に行った。サンセット前に家に戻りたかったので17時には温泉を出ようと思っていた。昨日行った温泉は露天風呂からの景色がとても綺麗で気に入っている。正面に雄大な津軽富士、岩木山が見える。途中に遮るものが何もない。ここから見ていると「山辺に向かいて 我、目を上ぐ」という讃美歌を歌いたくなる。岩木山を見ながら神様を思い祈っていた。祈るというより、神様との対話を楽しむような時間だった。露天風呂には気にならない程度の音量で音楽が流れている。比較的静かな音楽だがケルト系のBGMが多い。一通りの祈りを終えて瞑想している時に突然今までとは明らかに雰囲気の違う音楽が流れてきた。ニ長調で、Dのロングトーン。最初の音ですぐに分かった。息子と何度もバイオリンで演奏した曲だからDの音ですぐにわかる。「彼方の光 (Far away)」である。曲はすぐに分かったが、なぜこの曲がここで流れるのだろう?疑問だった。この曲が流れる雰囲気ではないのだ。いつものように「たまたま」「偶然」と考えることもできる。でも、神様がサンセットを迎え安息日に入る前に祝福の約束を思い出させてくださったのだと直感した。この曲の歌詞に非常に近い言葉が、E.G.Whiteという女性クリスチャンが書いた書物の中に記されている。

どんな時にも、どんな場所でもどんな悲しみにも、どんな苦しみにも、前途が暗く将来が困難に見えて無力と孤独を感じるときにも、信仰の祈りに答えて、助け主が送られる。この世のすべての友から離れるような事情が起こるかもしれない。しかしどんな事情もどんな距離もわれわれを天の助け主から離れさせることはできない。
どこにいようとも、どこへ行こうとも、主はいつもわれわれの右にあって、力づけ、助け、ささえ、励まされる。
各時代の希望Ⅲp154

戦争はもうやめよう。首謀者を捉えなければ互いに全滅するまで血が流れ、子どもが犠牲になり、多くの尊い命が無駄死にする。子どもに、平和な未来を渡してあげたい。だからもう戦争はやめよう。世界中の皆さんが、共にいてくださり、決して離れることなくいつも一緒にいてくださる神様を認めることができることを心から祈るものでありたい。

2022年3月5日 「徴税人マタイの献身」 安息日礼拝LIVE配信

Far Away(彼方の光) / リベラ 歌詞付き 軽井沢高原教会スライドショー

 

宜しければこちらのクリックもお願いいたします
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村


キリスト教ランキング


プロテスタントランキング


その他ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA