ヨブ記3章

何のために生きているのか

この後、ヨブは口を開いて、自分の生れた日をのろった。 すなわちヨブは言った、 「わたしの生れた日は滅びうせよ。 『男の子が、胎にやどった』と言った夜も そのようになれ。 その日は暗くなるように。 神が上からこれを顧みられないように。 光がこれを照さないように。 やみと暗黒がこれを取りもどすように。 雲が、その上にとどまるように。 日を暗くする者が、これを脅かすように。 その夜は、暗やみが、これを捕えるように。 年の日のうちに加わらないように。 月の数にもはいらないように。 また、その夜は、はらむことのないように。 喜びの声がそのうちに聞かれないように。 日をのろう者が、これをのろうように。 レビヤタンを奮い起すに巧みな者が、 これをのろうように。 その明けの星は暗くなるように。 光を望んでも、得られないように。 また、あけぼののまぶたを見ることのないように。 これは、わたしの母の胎の戸を閉じず、 また悩みをわたしの目に隠さなかったからである。 なにゆえ、わたしは胎から出て、死ななかったのか。 腹から出たとき息が絶えなかったのか。 なにゆえ、ひざが、わたしを受けたのか。 なにゆえ、乳ぶさがあって、 わたしはそれを吸ったのか。 そうしなかったならば、 わたしは伏して休み、眠ったであろう。 そうすればわたしは安んじており、 自分のために荒れ跡を築き直した 地の王たち、参議たち、 あるいは、こがねを持ち、 しろがねを家に満たした 君たちと一緒にいたであろう。 なにゆえ、わたしは人知れずおりる胎児のごとく、 光を見ないみどりごのようでなかったのか。 かしこでは悪人も、あばれることをやめ、 うみ疲れた者も、休みを得、 捕われ人も共に安らかにおり、 追い使う者の声を聞かない。 小さい者も大きい者もそこにおり、 奴隷も、その主人から解き放される。 なにゆえ、悩む者に光を賜い、 心の苦しむ者に命を賜わったのか。 このような人は死を望んでも来ない、 これを求めることは隠れた宝を 掘るよりも、はなはだしい。 彼らは墓を見いだすとき、非常に喜び楽しむのだ。 なにゆえ、その道の隠された人に、 神が、まがきをめぐらされた人に、光を賜わるのか。 わたしの嘆きはわが食物に代って来り、 わたしのうめきは水のように流れ出る。 わたしの恐れるものが、わたしに臨み、 わたしの恐れおののくものが、わが身に及ぶ。 わたしは安らかでなく、またおだやかでない。 わたしは休みを得ない、ただ悩みのみが来る」。

ヨブ記 3:1-26 口語訳

今日の聖書研究の場所はヨブ記3章だった。
普段は数回その章を読んでわからない語句を調べながらそこに書かれていることのアウトラインを作り最後に感想を書いて終わるのだが、3章は調べた語句がひとつだけ。レビヤタンだけであとは何回読んでも、どの部分を読んでも共感できたのでそれ以上の研究にはならなかった。全き人であったヨブも3章だけを見れば神様に対する主張や愚痴で終始している。多くの人がこのヨブの叫びに共感できるのではないだろうか。自分はこれと全く同じ祈りを何度もしてきた。何で生まれてきてしまったのか、これ程の苦難があるのならいっそのことこの命がとられれば良いのに、と思ってしまう。詩篇には苦しみにあったことは良いことです、とあるが自分はそこまで達観していない。

苦難の意味

苦難にはそれぞれ意味があると思うのだが、その最中を通過している時にはその意味さえも分からない。ただ苦難に打ちのめされながらも何とか自分を守ろうと必死にもがくのである。ほんの少しの淡い希望に全体重をかけてそれを期待したり、妄想にも似た自分なりのあり得ない解釈をして何とか希望をつなごうとする。苦難の意味は分からないし現在その最中にあるのでただ耐えることしかできないのだが、クリスチャンの強みがひとつある。それはその不満をぶつける対象があるということだ。祈りとも愚痴とも取れる心の叫びを神様に向かって発することができる、これこそがクリスチャンの特権だと思う。ヨブも心の底からの叫びを信頼している神様に思いっきりぶつけている。今までの神様に対する信頼と信仰が崩れそうになる中にあってもまだ「いや、まだ神様は信じるに値する」と必死に信じ思いの丈を叫んでいるのだと思う。愚痴とも、駄々っ子のいじけた言葉にも聞こえるがヨブの立派な信仰告白にように自分には聞こえた。常に神様に対しては正直でありたいと思う。

Golden Angels – Champion of Love

宜しければこちらのクリックもお願いいたします
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA