信じぬく

ヨセフ、売られる

昨日から、読み物はヨセフの話にうつっている。ヤコブに溺愛され天真爛漫に育ったヨセフ。しかし父親からの溺愛、偏愛が兄弟たちの癇に障った。兄弟田塩悪巧みと憎しみにより亡ものとされそうになったがエジプトに奴隷として売られた。悲しみと失望の中にあっても絶えず神様を信じ続けたヨセフの生涯は創世記の後半を飾る大ドラマになっている。

ルベンが穴にもどってみると、ヨセフはいなかった。ルベンは驚きと自責の念 にさいなまれて、自分の着物を裂き、兄弟たちのところに来て、「あの子はいない。 ああ、わたしはどこへ行くことができよう」と叫んだ(同・37:30)。ルベンは、 ヨセフの運命を聞いてもう彼を取りもどすことができないことを知り、彼らと 1つになってその罪をかくすようになってしまった。彼らは雄やぎを殺してヨセ フの着物をその血にひたした。そしてそれを父のところに持って行って、これを 野で見つけた、これはヨセフのではないかと思う、と言った。「わたしたちはこれ を見つけましたが、これはあなたの子の着物か、どうか見さだめてください」と 彼らは言った(同・37:32)。彼らは、この時の恐ろしさを予期してはいたが、 父の心がはり裂けるばかりに苦しみ、悲しみの窮みに達して泣き叫ぶのを目撃し なければならないとは思っていなかった。「わが子の着物だ。悪い獣が彼を食った のだ。確かにヨセフはかみ裂かれたのだ」とヤコブは言った(同・37:33)。む すこや娘たちがどんなに彼を慰めようとしてもむだであった。ヤコブは、「衣服を 裂き、荒布を腰にまとって、長い間その子のために嘆いた」(同・37:34)。時 がたっても彼の悲しみは慰められなかった。「わたしは嘆きながら陰府に下って、 わが子のもとへ行こう」と言って彼は嘆き悲しんだ(同・37:35)。むすこたち は、自分たちのしたことの恐ろしさを感じた。しかし彼らは父の譴責を恐れて、 彼らの罪を心にかくしていた。それは自分たちにさえ、非常に大きな罪と思われ たのである。
人類のあけぼの電子版 p164  カナンに帰る

彼はどのような環境のもとにあっても、天の王の臣民らしく行動し、神に忠誠 を尽くそうと決心して大きな感動をおぼえた。彼は、専心、主に仕えようと思っ た。彼は勇敢に試練に当面し、忠実に義務を果たそうとした。この1日の経験が、 ヨセフの生涯の分岐点になった。その恐ろしい不幸が、あまやかされた少年から、 思慮深く、勇敢で沈着なおとなに彼を変えたのである。
人類のあけぼの電子版 p166  エジプトにおけるヨセフ

ヨセフ、陥れられ牢屋に

しかし、神のみ手は獄屋の扉をまさにあけようとしていた。エジプトの王は、 一夜のうちに2つの夢を見た。それらは、明らかに同じ事件を指示し、しかも大 きな災いを予告しているかのように思われた。王は、その夢の意味を理解するこ とができなかった。しかし夢は王の心を悩ましつづけた。エジプトのすべての魔 術師や知者たちも、それを解き明かすことができなかった。王の困惑と苦悩はま すますつのり、王宮全体が恐怖に襲われた。この大騒ぎが起こったときに、給仕 役の長は自分が夢を見たときの事情を思い出し、それとともにヨセフの記憶がよ みがえってきた。そして、自分の怠慢と忘恩とを考えて、自責の念に苦しめられ た。彼はただちに、自分と料理役の長とが見た夢をヘブルの囚人が解き明かして くれて、彼の言ったとおりになったことを王に話した。
パロが、自国の魔術師や知者たちを退けて、異国人、しかも奴隷の意見を聞く ということは恥辱であった。しかし、彼は、心の苦悩が解決されるのであれば、 どんなに身分の卑しい者の言うことでも聞き入れようとしていた。使いの者が、 すぐにヨセフのところに送られた。彼は囚人の着物を脱ぎ、ひげをそった。彼の 髪の毛が、屈辱と投獄の期間に長くのびていたからである。こうして彼は、王の 面前に召し出された。
「パロはヨセフに言った、『わたしは夢を見たが、これを解き明かす者がない。 聞くところによると、あなたは夢を聞いて、解き明かしができるそうだ』。ヨセフ はパロに答えて言った、『いいえ、わたしではありません。神がパロに平安をお告 げになりましょう』」(同・41:15,16)。
人類のあけぼの電子版 p169  エジプトにおけるヨセフ

ヨセフ、用いられる

任命は決定された。ヨセフにとって驚くべき宣言がなされた。「神がこれを皆あ なたに示された。あなたのようにさとく賢い者はない。あなたはわたしの家を治 めてください。わたしの民はみなあなたの言葉に従うでしょう。わたしはただ王 の位でだけあなたにまさる」。王は、ヨセフの高い地位をあらわす記章を彼に与え ようとするのであった。「そしてパロは指輪を手からはずして、ヨセフの手にはめ、 亜麻布の衣服を着せ、金の鎖をくびにかけ、自分の第2の車に彼を乗せ、『ひざま ずけ』とその前に呼ばわらせ、こうして彼をエジプト全国のつかさとした」(同・ 41:39,40,42,43)。
人類のあけぼの電子版p171  エジプトにおけるヨセフ

どんな時も

今日、礼拝メッセージで配線からわずか半年で教会活動を再開し復興に向け信仰を持って前進した教会の話をうかがった。どのような時も信仰を持ち続けることはなかなかできることではないが、しかし聖霊様の助けをいただきながら信じ続けたい。

2022年8月20日 「イエスに対する信仰と信頼」 安息日礼拝LIVE配信

 

宜しければこちらのクリックもお願いいたします
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村


キリスト教ランキング


プロテスタントランキング


その他ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA