ラザロ

ラザロ家とイエス様

ベタニヤ村のマルタ、マリヤそしてラザロの家をイエス様は好んで訪問された。ラザロとイエス様の関係は自分が人生をかけてお手本にしたい理想である。今朝読んだ書物の章がラザロに関する部分であった。示唆を受けたところをいくつか紹介しみたい。

イエスはたびたびラザロの家でくつろがれた。救い主にはご自分の家 庭がなかった。主は、友人や弟子たちのもてなしを受けられたが、それでもしばしば疲れて人とのまじわりがほしくなられると、怒っているパ リサイ人たちの疑いやねたみからのがれて、このなごやかな家族のとこ ろへおいでになることをよろこばれた。ここにイエスは、心からの歓迎 と、純粋できよい友情をみいだされた。イエスは、ここでは、ご自分の ことばが理解され、心にとめられることを知っておられたので、率直に、 何の遠慮もなくお話になることができた。
各時代の希望電子版 p547  ラザロよ出てきなさい

ラザロ、危篤

これまでイエスが休息されていた平和な家庭に不幸が起った。ラザロ が急に病気になったので、彼の姉妹たちは救い主に使いをやって「、主よ、 ただ今、あなたが愛しておられる者が病気をしています」と言わせた (ヨ ハネ 11:3)。彼女たちは、兄弟を襲った病気の激しさを見たが、キ リストがどんな病気でも直すことがおできになることを知っていた。彼 女たちはキリストが困りきっている自分たちに同情してくださると信じ た。そこで、キリストにすぐおいでくださるようにというさし迫った要 求をしないで、「あなたが愛しておられる者が病気をしています」という 信頼に満ちたことばを申し送っただけであった(ヨハネ 11:3)。姉妹 たちは、キリストがすぐに伝言に応じて、ベタニヤにお着きになったら すぐ自分たちのところにきてくださるものと思っていた。
各時代の希望電子版 p549  ラザロよ出てきなさい

イエスは、2日間同じ場所にとどまられた。この遅延は弟子たちにとっ てふしぎであった。イエスがおられたら、あの不幸な家族がどんなに慰 められるだろうと彼らは思った。弟子たちは、ベタニヤの家族に対する イエスの深い愛情をよく知っていたので、イエスが「あなたが愛してお られる者が病気をしています」という悲しい伝言に応じられなかったこ とに驚いた。

2日の間、キリストは、その伝言を心の中から忘れておられるように みえた。キリストがラザロのことを口にされなかったからである。弟子 たちは、イエスの先駆者であるバプテスマのヨハネのことを思った。ふ しぎな奇跡を行う力をもっておられるイエスが、どうしてヨハネを獄の 中で衰弱して非道な死に方をするがままにしておかれたのだろうと、彼 らはふしぎに思ったのだった。そのような力を持っておられるのに、な ぜキリストは、ヨハネの生命を救われなかったのだろう。この質問はパ リサイ人たちからもよくたずねられた。パリサイ人たちは、ご自分が神 のみ子であるというキリストの主張に対して、答えることのできない議 論としてこの質問を出した。救い主は、弟子たちに、試練と損失と迫害 について警告しておられた。主は試練のうちに彼らを棄てられるのだろ うか。自分たちはキリストの使命をまちがえたのではないだろうかと疑 う者たちもいた。そしてみんなが深く思い悩んだ。
各時代の希望電子版 p550  ラザロよ出てきなさい

我が友、ラザロ

「そう言われたが、それからまた、彼らに言われた、『わたしたちの 友ラザロが眠っている。わたしは彼を起しに行く』」(ヨハネ 11:11)。 「わたしたちの友ラザロが眠っている」。何という感動させられることば だろう。何という同情に満ちたことばだろう。弟子たちは、エルサレム へ行くことによって主が招こうとしておられる危険に心がうばわれて、 ベタニヤの遺族のことをほとんど忘れていた。しかしキリストはそうで はなかった。弟子たちは心を責められた。彼らは、キリストがもっとす ばやく伝言に応じられなかったので、失望していた。彼らは、キリスト がラザロとその姉妹たちにやさしい愛情を持っておられると思っていた のに、実際はそうでなかったのだ、そうでなければ主は使いの者といっ しょに急いで行かれたはずだと、考えたくなっていた。しかし、「わたし たちの友ラザロが眠っている」ということばは、彼らの心のうちに正し い感情を呼びさました。キリストは悲しんでいる友人たちを忘れてはお られなかったのだと、彼らは確信した。
各時代の希望電子版 p551  ラザロよ出てきなさい

弟子たちは、キリストが、「ラザロは死んだのだ。そして、わたしが そこにいあわせなかったことを・・・喜ぶ」と言われたことばに驚いた。救 い主は、悲しんでいる友人の家庭をわざと避けられたのだろうか。マリ ヤとマルタと死にかけているラザロがうちすてられたようにみえた。だ が彼らは1人ぽっちではなかった。キリストはすべての光景をごらんに なっていて、ラザロの死後、あとに残された姉妹たちはキリストの恵み によって支えられた。イエスは、彼女たちの兄弟が強敵である死と戦っ ている時、彼女たちの引き裂かれた心の悲しみを目に見ておられた。主 は、「ラザロは死んだのだ」と弟子たちに言われた時、心に激しい苦痛を 感じられた。しかしキリストは、ベタニヤの愛する者たちだけのことを 考えておられなかった。主は弟子たちを訓練することを考えられねばな らなかった。天父の恵みがすべての人をおおうことができるように、彼 らは世に対して天父を代表する者となるのであった。彼らのために、主 は、ラザロが死ぬことをおゆるしになった。もし主がラザロを病気から 健康へ回復されたら、イエスの神としての性格についての最も絶対的な 証拠であるこの奇跡は行われなかったのである。
各時代の希望電子版 p552  ラザロよ出てきなさい

御国の祝福と現世の祝福

イエスはマルタの信仰を励まして、「あなたの兄弟はよみがえるであ ろう」と言われた(ヨハネ 11:23)。イエスの答は、その場の変化に ついて望みを起させるために言われたのではなかった。主は、マルタの 思いを、彼女の兄弟の現在の回復をこえて、義人のよみがえりに向けら れた。主がそうされたのは、彼女が、ラザロのよみがえりを通して、死 んだすべての義人のよみがえりについての保証と、義人のよみがえりが 救い主の力によってなしとげられるという確信とをみるためであった。

マルタは、「終りの日のよみがえりの時よみがえることは、存じてい ます」と答えた (ヨハネ 11:24)。

イエスはなおマルタの信仰に正しい方向を与えようとして、「わたし はよみがえりであり、命である」と宣言された(ヨハネ 11:25)。キ リストのうちには、借りたものでもなければ、ほかから由来したもので もない、本来の生命がある。「御子を持つ者はいのちを持」つ(Iヨハネ 5:12)。キリストの神性は、永遠の生命についての信者の確信である。
各時代の希望電子版 p555   ラザロよ出てきなさい

イエス様に協力すること

主が働きをしようとされると、サタンはだれかが反対するように働き かける。「石を取りのけなさい」とキリストは言われた。できるだけ、わ たしの働きに道を備えなさい。しかしマルタの積極的で野心的な性質が 表面にあらわれた。彼女は、腐りかけた体を見せたくなかった。人間の 心は、キリストのみことばをなかなか理解できないので、マルタの信仰 は、キリストの約束の真の意味を把握していなかった。
各時代の希望電子版 p559  ラザロよ出てきなさい

「石を取りのけなさい」(ヨハネ 11:39)。キリストは、石にそこ をどきなさいとお命じになることもできたし、また石もその声に従った であろう。キリストはご自分のそば近くの天使たちに石を取りのけるよ うに命じることもおできになった。キリストのご命令に、目に見えない 手が石を取りのけたであろう。しかしそれは人間の手で取りのけられね ばならなかった。こうしてキリストは、人は神と協力することを示そう と望まれた。人の力でできることには、神の力は呼び求められない。神 は人の助けなしにはすまされない。神は人を強め、彼が自分に与えられ ている才能と能力とを用いる時、その人と協力される。
各時代の希望電子版 p560  ラザロよ出てきなさい

神様との協力でラザロが復活する

キリストはご自分がなさったすべてのことにおいて、天父と協力して おられた。キリストはいつもご自分が独力で働かれるのではないという ことを注意深く明らかにされた。キリストが奇跡を行われたのは信仰と 祈りによってであった。キリストは、すべての人がキリストと天父との 関係を知るように望まれた。「父よ、わたしの願いをお聞き下さったこと を感謝します。あなたがいつでもわたしの願いを聞きいれて下さること を、よく知っています。しかし、こう申しますのは、そばに立っている 人々に、あなたがわたしをつかわされたことを、信じさせるためであり ます」と主は言われた(ヨハネ 11:41、42)。
各時代の希望電子版 p560  ラザロよ出てきなさい

2022年7月2日 「私たちの助け主、聖霊」 安息日礼拝LIVE配信

宜しければこちらのクリックもお願いいたします
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村


キリスト教ランキング


プロテスタントランキング


その他ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA