今日の岩木山

キリストのように

今日は仕事には行かず身の回りのことをさせてもらった。まずは水道料金の引き落とし手続き。手続きの方法を役場に行って聞きその後郵便局へ。

ゆうちょの口座も住所変更などをしなくてはいけないらしく結構時間がかかった。色々と面倒なのだと分かった。そして一度家に戻りガスの開栓。業者さんがきてくださりそれに立ち会うことに。その土地によって色々と違いがあるのだと痛感した。とても丁寧な方が来て色々と説明をしてくれた。作業をしている間にこちらは書類を作成しガスの契約と引き落としの手続きを行った。最後に補償金として1万円を払うことになっていた。今までこう言う補償金という制度を知らなかったので少し驚いた。勿論この土地を出るときには返還されるお金なので問題ないのだが。そして今度はdocomoショップへ。現在使用していない回線が契約状態になているのでそれを解約するために出かけた。弘前にしかドコモショップがないのでそこに行ったが初めの店舗は予約でいっぱいで対応できないとのこと。少し離れたところにあるショップも同じ状況だと思ったが一応行ってみると1時間待ち対応してもらえるとのこと。近くのヤマダデンキやワークマンで時間をつぶしてサイドショップに行くと10分程度で手続きをしてくれた。この土地に来て3日目だがまだまだ道も分からないし全てが不安な状態である。ただ、ひとつ良いことというか道しるべになるものがある。それが岩木山である。美しいその雄姿をみるだけで心が癒される。道が全くわからないが遠くに見える岩木山を頼りに方向を何と無く把握することができる。時々刻々その表情を変える岩木山であるがいつも同じ場所にそびえ立ちいつも変わらない状態でいてくれる。ある意味イエス様の存在とダブル。イエス様も同じ場所にいてくださりこちらが祈りのモードに入れば常に話すことができる。どんなに不安で将来が見通せなくても、常に動じることなく「私を信じなさい」と言ってくださる。どんなに不安な時でも、どんなに失望していても、どんなに自分が惨めで小さな存在であることを自覚していてもイエス様に祈れることは本当に感謝すべきことだと思う。イエス様の存在があるから見えない将来に向かって恐る恐る歩を進めることができる。本当に感謝なことである。

今日の温泉事情

今日はガスが開栓したから自宅の風呂に入れるのだが、今日も温泉に行ってしまった。昨日とは違った温泉。昨日の温泉は入湯料が310円。今日の温泉は少し高くて380円。この辺はどこもこういう値段らしい。勿論健康ランドと違って自分で石鹸やシャンプーなどを持参しないといけないが天然温泉掛け流しの贅沢なお風呂である。今日は温泉に浸かりながらひたすら祈っていた。いつも祈りは1回あたり1時間ほどかかるのでのぼせないように気をつけていた。こんな温泉ばかり入っている地元の人は本当に健康で肌がすべすべなんだろうな、と思った。これで雪さえ降らなければ最高だと思うが豪雪地帯であることは間違いなさそうである。各家庭のガレージを見ても豪雪地帯であることが良くわかる。ガレージはほとんどが屋根付きだが、屋根の柱が本格的な太い鉄骨でできている。街中のアルミでできた柱ではない。太い鉄骨である。恐らくガレージの上に積もった雪の重さに耐えるにはこの太さの鉄骨が必要なのだろう。今年から青森県に雪が降らないようになってほしい。明日もどこかの温泉に行ってみようかな。車で10分圏内だけでも10箇所ぐらいの温泉がある。

Still

宜しければこちらのクリックもお願いいたします
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA