待つこと、信頼すること

WWDC

Appleのイベントを多くの人が待ちわびていたと思う。今回発表されたのはiPhone14シリーズ、Apple Watchシリーズ、そしてAir Podsの3分野だった。相変わらず新機能と新シリーズの展開を発表していた。特にiPhoneのカメラに関する性能の高さは凄いと思う。自分は現行の4世代目のiPhoneを使っているが全く不足を感じていない。4世代前のものでも十分なので現行品は自分にとってはオーバースペックだと思う。円安で価格も高騰していることもあり、やはり必要は感じない。

待つこと

期待して待つことの大切さをある文章から教えられた。

私たちのための神の計画は、多くの待つことを求めます。 それは本当に試練のように感じられます。 試練の中で忍耐を学ぶことは、 神のご性質に心を向け、 神が私たちのために行動しておられると信じるとき可能になります。 待たねばならない多くの理由がありますが、 そのすべては私たちのための神のご計画と神の国に関係するものです。 神に先んじて事を急ぐとき、私たちは多くを失い ます。 しかし、神に信頼し、 神を喜ぶ態度を維持するなら多くを得ることがで きます。

主は試練一つひとつの重さを量り、 長さを測られます。 「私は、苦しみをお与えになる神の目的を理解することはできませんが、神は最善のものをご存じなので、 私は私の魂、体、 そして霊を忠実な創造主なる神に委ねます。『というのは、わたしは自分が信頼している方を知っており、 わたしにゆだねられているものを、 その方がかの日まで守ることがおできになると確信しているからです』 (2テモ1:12)。 もし私たちの魂が、 より多くの信仰と愛、より強い忍耐、そして天父に完全に信頼することを学び、訓練されるなら、 人生の闘いを生きる中で、日々もっと多くの平和と幸福を経験することができ るでしょう。 主は、私たちがイエスのみ腕から離れて悩み、 心配するのを喜ばれません。

もっと静かに待つこと、そして全体を俯瞰することが必要です。私たちは正しい道から逸れていると感じない限り考えることをしません。 そしてなおもその場にあるはずのしるしを探し続けるのです。 しかし、考えることは感情による のではなく、信仰によるのです」
「セレクテッド・メッセージ」 第2巻242ページ

信頼すること

毎日読んでいる書物。今日読んだところに非常に励まされた。

義務の道をたどっていこうとする者は、だれでも、ときには疑いと不信の念を いだくことがある。その道は、一見、越せそうもない障害物で閉ざされているよ うに思われ、気の弱い者を落胆させることがある。しかし、神はこう言われる、 前進せよ。どんな価を払っても、あなたの義務を行いなさい。どのように恐ろし く見え、心を恐怖で満たすような困難でも、謙遜に、神に信頼して服従の道を前 進するときに消え去るのである。
人類のあけぼの電子版 p376   バシャンの征服

聖書研究ガイド22年3期11課

 

宜しければこちらのクリックもお願いいたします
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村


キリスト教ランキング


プロテスタントランキング


その他ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA